花村萬月『皆月』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『皆月』の表紙画像
タイトル
皆月
かな
みなづき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 妻が、逃げた / 第二章 ごんたろう / 第三章 幽かに酸っぱい (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
妻に逃げられた冴えない男の失地回復作戦。美しくも哀しいソープ嬢との愛の暮らしでも、人間として妻を追わなければならない。松本などを経由し能登の皆月までの旅風情もある。ヤクザ者の描き方は相変わらずうまい。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント