花村萬月『ゲルマニウムの夜』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『ゲルマニウムの夜』の表紙画像
タイトル
ゲルマニウムの夜
かな
げるまにうむのよる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ゲルマニウムの夜 / 王国の犬 / 舞踏会の夜 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
娑婆から修道院へ戻った朧は罪を重ねつづける。おお神よ!という芥川賞受賞作。しかし、どうにも言葉が固い。特に前半は単にノりづらい修辞の羅列。思ったほどグロくはないが「キックガッツという祈り」は少々痛い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント