花村萬月『守宮薄緑』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『守宮薄緑』の表紙画像
タイトル
守宮薄緑
かな
やもりうすみどり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
崩漏 / 守宮薄緑 / 核 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
珍しくメタ的な「犬の仕組」があるほかは愛と暴力とサービス精神に満ちた作品が並ぶ短編集。グロいことはグロいんだが、沖縄のヤモリだとかの冷ためのイメージを配置しているので飲み下せる。しかし確信犯だよなぁ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント