花村萬月『王国記』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『王国記』の表紙画像
タイトル
王国記
かな
おうこくき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ブエナ・ビスタ / 刈生の春
評価
★★★☆☆
レビュー
『ゲルマニウムの夜』の続編にあたる中編二編。修道院に戻った朧の目指す王国。「ブエナ・ビスタ」の強固に理論武装された神の視座と還俗した先生の風俗体験とでは、傲慢の質は違うのだろうか。宗教という閉鎖空間。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント