高橋源一郎『正義の見方 ― 世の中がこんなにわかっていいかしら

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『正義の見方』の表紙画像
タイトル
正義の見方
かな
せいぎのみかた
副題
世の中がこんなにわかっていいかしら
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
竹ちゃん、立ってなさい / オーストラリアでさようなら / 素晴らしき父子鷹 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
世の中の不正義を激しく糾弾するエッセイ。金丸逮捕から『ジュラシック・パーク』VS『REX』(笑)などニュースを読み解き、そこに正義を打ちたてんとする。この時代何があったのか、と後で検証するにも便利な事件帳。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント