花村萬月『風転』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『風転』の表紙画像
タイトル
風転
かな
ふうてん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 うど橋 / 第二章 刺青の男 / 第三章 盗作 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
父を殺して逃亡する。が、すぐ楽しげなバイク野宿旅(ヤクザ同伴)になるし、ただ旅立つ動機を与えたかっただけかもね。「能書きを垂れて照れる」という構造を全ての登場人物がもっているので、哲学か豆知識かは豊富。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント