丸山健二『されど孤にあらず』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『されど孤にあらず』の表紙画像
タイトル
されど孤にあらず
かな
されどこにあらず
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
小説家の答は小説だけ / 生活つれづれ / オトコのモノ語り (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
文壇から遠く離れた場所から届けられる真摯な作家のエッセイ。よい文学を生み出すことだけが作家の仕事だと、過剰なまでのストイシズムが清々しい。「でも寂しいんでしょ?」と言われかねない表題はどうかと思うが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント