丸山健二『まだ見ぬ書き手へ』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『まだ見ぬ書き手へ』の表紙画像
タイトル
まだ見ぬ書き手へ
かな
まだみぬかきてへ
著者
NDC
901 文学>文学>文学理論 作法
目次
私の望むまだ見ぬ書き手 / 書きながら書き方を身につける / プロの書き手としてデビューするには (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
現代孤高の作家が伝授する文章修練。実践的作家への手引書と同時に、憧れだけの輩を徹底的に打ちのめす書。だから「作家になりたいなぁ」って人は絶対に読んじゃいけない。文壇への絶望ゆえ新たな希望を探している。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント