丸山健二『争いの樹の下で』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『争いの樹の下で』の表紙画像
タイトル
争いの樹の下で
かな
あらそいのきのしたで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
争いの樹の下で
評価
★★★★★
レビュー
首吊り女から産み落とされた子供。老木が見据えるその運命。彼は猿の詩集を抱えて二十一世紀を流れる。「よくぞ生まれし!」。著者の哲学満載で説教臭いと感じる部分もあるが、文学の熱気が充満する迫力に敗北感嘆。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント