丸山健二『ぶっぽうそうの夜』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『ぶっぽうそうの夜』の表紙画像
タイトル
ぶっぽうそうの夜
かな
ぶっぽうそうのよる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぶっぽうそうの夜
評価
★★★★☆
レビュー
定年退職をした男が死に場所を求めて過疎化した郷里へ帰る。そこには彼の一家を墜落させた猟奇殺人者が暮らしている。おどろおどろしい復讐劇となってゆくのだが、持続する怒りのパワーでのごり押しが快かったりと。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント