丸山健二『いつか海の底に』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『いつか海の底に』の表紙画像
タイトル
いつか海の底に
かな
いつかうみのそこに
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
いつか海の底に
評価
★★★☆☆
レビュー
丹頂鶴の化身のようにやってきた異国の少女を守り抜くことで、古い港町からの超越を図る少年。強固な文体の重圧で、巨大クラゲが保持するメッセージも伝わりにくかったりするんだけど、あんたすげぇよと言い留まり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント