丸山健二『虹よ、冒涜の虹よ』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『虹よ、冒涜の虹よ』の表紙画像
タイトル
虹よ、冒涜の虹よ
かな
にじよぼうとくのにじよ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
虹よ、冒涜の虹よ
評価
★★★☆☆
レビュー
追われる身のヤクザが高い塔(神の座?)に隠れる。背中に虹の刺青を入れることになる。一色入れる度に一変する世界が眩い。それでもカタルシスは終章まで周到に回避され続けて、虹の完成をじれて待たされる仕掛けだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント