見沢知廉『調律の帝国』

現代文学100字レビュー

作品情報

見沢知廉『調律の帝国』の表紙画像
タイトル
調律の帝国
かな
ちょうりつのていこく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
調律の帝国
評価
★★★☆☆
レビュー
牢獄の恐怖と服従の中、小説を書くことが精神のバランスを保つ唯一の方法。「蘇生ダンス」の寒さとか獄中描写もいいけど「小説を書かせろ」という執念の描出が凄まじいね。それがすでに狂気。罪の浄化って何だろう?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント