宮脇俊三『途中下車の味』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮脇俊三『途中下車の味』の表紙画像
タイトル
途中下車の味
かな
とちゅうげしゃのあじ
著者
NDC
291 歴史>地理・地誌・紀行>日本
目次
1円電車と松葉ガニ / 目移りの四国路 / 上野―盛岡・各駅停車 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
冬の北海道に長閑な津軽へ、あるいは山陰へ赴き松葉ガニを賞味、あるいは運賃一円の鉱山電車に慕情を感じたり、などなど。気が向いたときに途中下車する万事未定の鉄道派お気楽旅。この気まま感は憧れるものがある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント