宮脇俊三『駅は見ている』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮脇俊三『駅は見ている』の表紙画像
タイトル
駅は見ている
かな
えきはみている
著者
NDC
686 産業>運輸・交通>鉄道
目次
駅は見ている / 車窓・駅・駅弁 / フリーきっぷの旅 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
二度移転した夕張駅、迷宮のような大手町駅など駅を訪ねてその事情を解き明かす紀行。どちらかと言えば旅行者よりそこで働く駅員の大変さを慮る視点。青春18切符の気ままな旅なども収録されてるのでファンならぜひ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント