宮沢章夫『サーチエンジン・システムクラッシュ』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『サーチエンジン・システムクラッシュ』の表紙画像
タイトル
サーチエンジン・システムクラッシュ
かな
さーちえんじんしすてむくらっしゅ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
サーチエンジン・システムクラッシュ
評価
★★★★★
レビュー
赤いチョークの線を追ってやってきた池袋。虚学ゼミ教授の言葉がフラッシュバックする中、騙し絵のような街で迷子になる長編。傾いた現実をこれほどクールに語れるのはすごい。人はこの曖昧さに耐えうるものなのか?
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント