鴻上尚史『八月の犬は二度吠える』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『八月の犬は二度吠える』の表紙画像
タイトル
八月の犬は二度吠える
かな
はちがつのいぬはにどほえる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
八月の犬は二度吠える
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
青春小説。学生運動モノかと思って読み始めたら意外にも「死に至る病モノ」。王道の泣かせ方だなと思いながらも泣かされた。「大文字焼き」を「犬文字」にしようというバカバカしさもちゃんと物語になってて上手い。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント