江國香織/柳生まち子『つめたいよるに』

現代文学100字レビュー

作品情報

江國香織/柳生まち子『つめたいよるに』の表紙画像
タイトル
つめたいよるに
かな
つめたいよるに
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
デューク / 夏の少し前 / 僕はジャングルに住みたい (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「デューク」に象徴的だがまず死がある。そして生者もどこかこの世から遊離している。希薄な現実感のなかに、感傷だけが描かれるような短編集。これを哀しみと呼んでいいのか、形状不明瞭なくらいの柔らかさの是非。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント