本谷有希子『ぜつぼう』

現代文学100字レビュー

作品情報

本谷有希子『ぜつぼう』の表紙画像
タイトル
ぜつぼう
かな
ぜつぼう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぜつぼう
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
クライマックスとなる絶望にまみれたダンス、このシーンを描きたいがために書き始めたんだろうな。落ち目の芸人がとか、ホームレスの誘いでの寒村暮らしとか、展開としては無茶が多いんだけど、件のシーンはいい絵。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント