高橋源一郎『いざとなりゃ本ぐらい読むわよ』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『いざとなりゃ本ぐらい読むわよ』の表紙画像
タイトル
いざとなりゃ本ぐらい読むわよ
かな
いざとなりゃほんぐらいよむわよ
著者
NDC
019 総記>図書館・図書館学>読書 読書法
目次
『漫才病棟』を読んで、日本近代文学の起源を考える / 今年のNo.1『漱石を読む』にぼくが傍線を引いた所 / クライトンくん、一生映画の原作を書くつもり? (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
文芸時評。売れてる本も売れてない本も、純文学もタレントエッセーもなんでもこい。いいタイトルだ。あとがきにあるタイトル別案『超読んだ!』でもいいのだが、女子高生が視野に入ってるのは何ともタカハシさん的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント