中上健次『十九歳の地図』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『十九歳の地図』の表紙画像
タイトル
十九歳の地図
かな
じゅうきゅうさいのちず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一番はじめの出来事 / 十九歳の地図 / 蝸牛 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
短編集。主人公である予備校生の苛立ちが全てを覆う表題作がすばらしい。なにしろ一息つける部分が全くないのだ。全ての文章で刺のある言葉が選ばれていて、改行改段も少ない。息苦しさが満点。鬱屈する青春の鏡だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント