高橋源一郎『文学なんかこわくない』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『文学なんかこわくない』の表紙画像
タイトル
文学なんかこわくない
かな
ぶんがくなんかこわくない
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
タカハシさん、「オウム」を読む / 『恋愛太平記』はバカでも読めるか? / タカハシさん、日記を読む(書く) (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
お得意の文学エッセイ。今回は重厚な現代文学論となっている。「日本語」と真摯に向き合っている作家がやるともう迫力が違う。『失楽園』なんかを一刀両断しつつも、きちんとした文学論になっているところはさすが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント