中上健次『水の女』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『水の女』の表紙画像
タイトル
水の女
かな
みずのおんな
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
赫髪 / 水の女 / かげろう (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
湿った短編集。生活力のない男と、欲望だけを肯定する女の無頼な日々。彼らはセックス以外にはまったく関心がないけれど、雨に閉じ込められた部屋でこのままつながって生きて行けたら、それで幸せなのかもしれない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント