中上健次『熊野集』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『熊野集』の表紙画像
タイトル
熊野集
かな
くまのしゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
不死 / 桜川 / 蝶鳥 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
熊野を揺らめく連作短編。随筆のような短編と歴史小説のような短編を自覚的に配置している。現実と物語の境界が曖昧で、著者が秋幸に折り重なる。血で書いてきた作家の現在であり同時に熊野に分け入った聖でもある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント