中上健次『野性の火炎樹』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
野性の火炎樹
かな
やせいのかえんじゅ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
野性の火炎樹
評価
★★★☆☆
レビュー
『異族』にも出てくるマウイを主人公とした長編。ここでマウイは中本の血の因果で黒い肌に生まれた男として現れる。つまり『千年の愉楽』の世界を引いている。生き急ぐ彼をオリュウノオバの俯瞰視線が支配する世界。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント