野田知佑『ゆらゆらとユーコン』

現代文学100字レビュー

作品情報

野田知佑『ゆらゆらとユーコン』の表紙画像
タイトル
ゆらゆらとユーコン
かな
ゆらゆらとゆーこん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
湖に浮かぶ島 / ナバホの話 / 白夜のユーコン (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
ナバホ居留地での暮らしと、ユーコンをカヌーで下る日々を中心にしたエッセイ。自然を愛する男の静かな流浪。川下りよりもまず、こんなにアメリカで「生活」していたのだとは驚きだ。やっぱり旅に出たくなる本だね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント