野田知佑『カヌー犬・ガク』

現代文学100字レビュー

作品情報

野田知佑『カヌー犬・ガク』の表紙画像
タイトル
カヌー犬・ガク
かな
かぬーけんがく
著者
NDC
645 産業>畜産業・獣医学>家畜 畜産動物各論
目次
第1章 ガクとの出会い / 第2章 初めてのアラスカ / 第3章 アラスカ再び、そして日本の川 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
ユーコンを下る刺激ある暮しを全うしたガクの生涯。主人と犬という関係を越え、その感情の揺らぎを見守る著者の視線が温かい。カヌー上で静かに語らう二人に嫉妬しそうだ。著作からガクに関する文章を拾った編集本。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント