大崎善生『聖の青春』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『聖の青春』の表紙画像
タイトル
聖の青春
かな
さとしのせいしゅん
著者
NDC
796 芸術・美術>諸芸・娯楽>将棋
目次
第一章 折れない翼 / 第二章 心の風景 / 第三章 彼の見ている海 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
病と闘いながら29歳までの人生を「勝ち」に賭けた将棋界の怪童・村山聖の執念。羽生と同時代にこんな物語が進行していたとは。生きる目的は名人になることだけといった上昇欲をこそ、彼の才能と呼ぶべきものだろう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント