大崎善生『パイロットフィッシュ』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『パイロットフィッシュ』の表紙画像
タイトル
パイロットフィッシュ
かな
ぱいろっとふぃっしゅ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パイロットフィッシュ
評価
★★★★★
レビュー
頭から尻まで意志が詰まってるのに不思議に透明感を湛えた文章で、気の抜けた部分がまったくない。「心の湖に沈む消せない記憶」という装置もその感傷も、決して目新しいものでもないんだけど、正攻法でぐっとくる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント