大崎善生『アジアンタムブルー』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『アジアンタムブルー』の表紙画像
タイトル
アジアンタムブルー
かな
あじあんたむぶるー
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
アジアンタムブルー
評価
★★★★☆
レビュー
『パイロットフィッシュ』続編。癌で死に行く恋人という設定はストレートすぎて卑怯だと思うのだが「ボルシチ博士」とかSM海外ツアーだとか、伏線ともいえないただのリフレインが大いに効いてる。大団円も文句なし。

商品詳細&購入情報

もっと詳しく

何を期待していたかによるのでしょうが、「期待通り」ってのも本来だめなんだろうと思うんですね。『アジアンタムブルー』はあまりにシンプルな「喪失」を描こうとしているゆえ、裏切られる箇所がまったくないわけで。癌を宣告された恋人との残りわずかな日々、なんていまさらそれかよーと思わないわけでもない。無理矢理に感動を含んでる展開なので、期待通りに感動するわけです。

じゃあなんで4つ星なのかといえば、細かな仕掛けが随所に入っていて、後半にちゃんと効果を上げてるからなんです。ヒロインがカモメとウミネコの区別がつかない「鳥音痴」だったりすることだとか、ボルシチにはうるさい「ボルシチ博士」だとか、前半には微笑みを誘う文脈でそれらのエピソードが登場するわけです。それが後半には泣きの要素としてきちんとリフレインしてきます。この丁寧な仕事振りには頭が下がります。

このページへのコメント