岡崎祥久『首鳴り姫』

現代文学100字レビュー

作品情報

岡崎祥久『首鳴り姫』の表紙画像
タイトル
首鳴り姫
かな
くびなりひめ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
首鳴り姫
評価
★★★☆☆
レビュー
大学の夜間部で、宵闇にだけ展開する恋愛小説。「夜」を理由付けにしてるだけという気もするが、それ故の静けさは肌に快いし、自分の身の丈にあった「不器用な恋」を描いておくことは作家にとって悪いことじゃない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント