高橋源一郎『官能小説家』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『官能小説家』の表紙画像
タイトル
官能小説家
かな
かんのうしょうせつか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
プロローグ / 噂の真相 / 作家タカハシ氏の苦悩と現実 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
主題も構成も『日本文学盛衰史』外伝か。樋口一葉と半井桃水の狂気の師弟関係がすさまじく素敵。森鴎外も指摘しているようにロマンチックに過ぎるのだが、愛は伝わる。一葉が「あの人に似てる」ってのはナシで頼む。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント