藤沢周『死亡遊戯』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『死亡遊戯』の表紙画像
タイトル
死亡遊戯
かな
しぼうゆうぎ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
死亡遊戯 / DS(ドミネーション・サブミション)
評価
★★★★★
レビュー
歌舞伎町に垂れ落ちる性欲。風俗のキャッチが視線を担っているが主人公は街の欲望そのもの。冷たく濡れた手触りが不快で気持ちいい。表題作のほかハックされるハッカーの話「DS」も収録されていて、こちらも刺激的。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント