大江健三郎『「雨の木」を聴く女たち』

現代文学100字レビュー

作品情報

大江健三郎『「雨の木」を聴く女たち』の表紙画像
タイトル
「雨の木」を聴く女たち
かな
れいんつりーをきくおんなたち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
頭のいい「雨の木」 / 「雨の木」を聴く女たち / 「雨の木」の首吊り男 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
雨の木(レイン・ツリー)という暗喩に仮託した連作。結果的に連作という形になったのだという嘘も、形を変えながら繰りかえされる死の葉陰からこの結末にたどり着くために重要な布石だろう。雨、南国に降る雨の温度。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント