高橋源一郎『君が代は千代に八千代に』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『君が代は千代に八千代に』の表紙画像
タイトル
君が代は千代に八千代に
かな
きみがよはちよにやちよに
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
Mama told me / Papa I love you / Mother Father Brother Sister (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
初手からゲロだしちょっと悪酔いする。「一枚の薄いヴェール」が全体に掛かっていて、現実感のありようがどの視線からも問われている。自分はどこにあるのかと。怒涛のセックスや不敬でそこに風穴は開くんだろうか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント