中島らも『ガダラの豚』

現代文学100字レビュー

作品情報

中島らも『ガダラの豚』の表紙画像
タイトル
ガダラの豚
かな
がだらのぶた
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ガダラの豚
評価
★★★★☆
レビュー
呪術の秘密を求めてアフリカへ。オカルトとトリックの狭間で、虚実半ばする危うさに面白みがあると思うのだが、後半変にスペクタクルアクションへと展開してしまうのが残念。純粋に呪術に迫ったほうが絶対いいって。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント