高橋源一郎『人に言えない習慣、罪深い愉しみ ― 読書中毒者の懺悔

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『人に言えない習慣、罪深い愉しみ』の表紙画像
タイトル
人に言えない習慣、罪深い愉しみ
かな
ひとにいえないしゅうかんつみぶかいたのしみ
副題
読書中毒者の懺悔
著者
NDC
019 総記>図書館・図書館学>読書 読書法
目次
次の百年、あるいは千年のために / 「ゴッドハンド」の秘密 / 大江健三郎の新作を読むということは (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
なぜか文庫オリジナルの書評集。そつのない短評なんだけど、純文学への自負であったり「感動」させるマニュアル嫌悪であったり筋は通ってる。自作『日本文学盛衰史』について2回にわたって書いてるあたりも自信が。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント