村上龍『限りなく透明に近いブルー』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『限りなく透明に近いブルー』の表紙画像
タイトル
限りなく透明に近いブルー
かな
かぎりなくとうめいにちかいぶるー
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
限りなく透明に近いブルー
評価
★★★★☆
レビュー
芥川賞受賞のデビュー作。福生を舞台にしてセックスとドラッグの乱痴気騒ぎが繰り広げられるが、不思議にクールだ。冷たい沸点という感じか。視覚的な毒々しさも読みやすいようにコーティングされている印象がある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント