村上龍『海の向こうで戦争が始まる』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『海の向こうで戦争が始まる』の表紙画像
タイトル
海の向こうで戦争が始まる
かな
うみのむこうでせんそうがはじまる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
海の向こうで戦争が始まる
評価
★★★★☆
レビュー
バカンスの砂浜から一転、対岸で燻りだす戦争の火種を捕らえる視線。何かがここで勃発するという予感、その不快な蠕動。場面の切り替わる部分が映像として、また技術として美しい。大佐の長い独白はすでに彼の味だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント