町田康『スピンク日記』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『スピンク日記』の表紙画像
タイトル
スピンク日記
かな
すぴんくにっき
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
私自身のこと / 主人・ポチのこと(一) / 主人・ポチのこと(二) (ほか)
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
猫な人かと思ってたら唐突に犬本。飼い犬「スピンク」の一人称で町田家の生活をルポするという趣向なのだが、実のところ犬に「著者の目」を結わえつけただけの普通の日常エッセイ。「文学の鬼」を望むよ、ほんまに。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント