谷川俊太郎『花の掟』

現代文学100字レビュー

作品情報

谷川俊太郎『花の掟』の表紙画像
タイトル
花の掟
かな
はなのおきて
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
花の掟
評価
★★★☆☆
レビュー
ショートショート集。散文詩とも言える。どれも小さな狂気を隠し持っている。いや隠し持つどころではなくこれらの作品は狂気へ至るベスト・ウェイとも思える。心の様々な形状と著者の持つ暗闇に戦慄しておけばよい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント