村上龍『真昼の映像・真夜中の言葉』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『真昼の映像・真夜中の言葉』の表紙画像
タイトル
真昼の映像・真夜中の言葉
かな
まひるのえいぞうまよなかのことば
著者
NDC
778 芸術・美術>演劇・映画>映画
目次
インタビュー 言語から映像へ / 撮影日誌 / シナリオ 限りなく透明に近いブルー
評価
★★☆☆☆
レビュー
映画「限りなく透明に近いブルー」シナリオと撮影日誌にインタビューを収録。初監督作品ということでまごつきながらも夢を叶えているという喜びが伝わってくる日誌がいい感じ。何というか若く初々しい監督ではある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント