村上龍『トパーズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『トパーズ』の表紙画像
タイトル
トパーズ
かな
とぱーず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
トパーズ / 公園 / 受話器 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
著者自身が映画化もした中期の代表作。官能分野のひとつの頂点でもある。風俗嬢の一人称で描かれた文体はぬめり、拡散する。セクシャルな哀しみを湛えた世界に、やり場のない怒りに似た感情に襲われる。衝撃の12編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント