村上龍『超電導ナイトクラブ』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『超電導ナイトクラブ』の表紙画像
タイトル
超電導ナイトクラブ
かな
ちょうでんどうないとくらぶ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
超電導ナイトクラブ
評価
★★☆☆☆
レビュー
変わり者ばかりが集まる銀座のバーで毎夜バカ話をして笑っているだけの長編。妻を記憶喪失にした男だとか恐ろしく頭の緩い女だとか性癖を誇りたい輩とか、彼らの告白が並ぶ。クライマックスのない快楽主義者達の夜。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント