藤沢周『スミス海感傷』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『スミス海感傷』の表紙画像
タイトル
スミス海感傷
かな
すみすかいかんしょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
カナル高浜 / スミス海感傷 / アズマぁ
評価
★★★☆☆
レビュー
義理の弟から父の遺品を手渡される風俗嬢という表題作ほかニ編。表題作は彼の著作としてはおとなしい。新境地とでも言うのか、こんなまっとうな物語もあるんだな。発表年の古い小品「アズマぁ」との熱量の差は歴然。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント