村上龍『村上龍全エッセイ 1987-1991』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『村上龍全エッセイ 1987-1991』の表紙画像
タイトル
村上龍全エッセイ 1987-1991
かな
むらかみりゅうぜんえっせい1987-1991
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
「場所」としての佐世保港 / ポップアートのある部屋―あとがき / 欲情を起こさせるもの (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
文庫オリジナルのエッセイ全集第三弾。文学について言うときには自身によるQ&A形式で照れ隠してしまうのだが、『トパーズ』の時期なりのバイオリズムで多様なテーマ。「美」と「快楽」を道標に世界を駆け抜ける。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント