村上龍『すべての男は消耗品である。 Vol.3』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『すべての男は消耗品である。 Vol.3』の表紙画像
タイトル
すべての男は消耗品である。 Vol.3
かな
すべてのおとこはしょうもうひんである3
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
アリゾナのゴルフ場が箱庭的で好きだ / 文芸家協会には健康保険がある / アフリカの象のロイヤリティを払え (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
シリーズとしての趣旨は徐々に減退し、何だか普通の近況報告的エッセイになりつつある。「消耗品」を冠する必要は特にないような気もする。『トパーズ』を撮っている頃で、その周辺の話が多い。生き方の見本なのか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント