村上龍『エクスタシー』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『エクスタシー』の表紙画像
タイトル
エクスタシー
かな
えくすたしー
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
エクスタシー
評価
★★★★☆
レビュー
ニューヨークであるホームレスに会って主人公の人生は狂い始める、ドラッグ小説。クスリによるセックスで彼らはどこにたどり着くのか。「運び屋」となるわけだが予定調和としてのラストシーンがまさにエクスタシー。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント