村上龍『フィジーの小人』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『フィジーの小人』の表紙画像
タイトル
フィジーの小人
かな
ふぃじーのこびと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
フィジーの小人
評価
★★★☆☆
レビュー
道化師の小さな体から恥の概念がドロドロと流出する。勃起が終日続く両性具有者のようなグロテスクな世界。結局物語は終わろうとしない。「恥」を突き詰めて考えようとしたあまり拡散したまま戻ってこれなくなった。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント