谷川俊太郎『空に小鳥がいなくなった日』

現代文学100字レビュー

作品情報

谷川俊太郎『空に小鳥がいなくなった日』の表紙画像
タイトル
空に小鳥がいなくなった日
かな
そらにことりがいなくなったひ
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
朝のかたち / 男と女 / 父の歌 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
何気ない風景のなかそぞろ歩いているような詩集。表題となった詩に環境破壊への怒りを読み取っても意味がない。「人はそれ故にこんなにも/ひとりひとりだ」と落ちた言葉を拾う時、人は自分が偏在することに気づく。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント